スポーツレクリエーション吹き矢総論

スポーツレクリエーション吹き矢は、集った仲間と楽しく笑顔で吹き矢的を射る老若男女問わず誰もが参加できるレクリエーションとして、日本吹矢レクリエーション協会(会長 河西信祐)の創意工夫を経て体系化されたレクリエーションです。

吹き矢の歴史とスポーツレクリエーション吹き矢

吹き矢には、日本古来より吹き矢道、射的術といった厳粛な武術しての歴史がありますが、スポーツレクリエーション吹き矢は武道としての厳格な雰囲気や、精神的プレッシャーがかかりがちな競技種目としての要素を排除し、垣根なく老若男女誰もが参加でき、楽しめる吹き矢レクリエーションとしての活動を行っています。

レクリエーション団体としての日本吹矢レクリエーション協会

他にも吹き矢に関連した団体は複数ありますが、10年以上に渡る実践から得た経験や研究の成果として、明確に体系化されたレクリエーション科目として幅広く受け入れられているのは、500団体以上の団体に導入された日本吹矢レクリエーション協会による吹き矢レクリエーションだけと考えています。

吸盤式吹き矢で安心・安全なスポーツレクリエーション吹き矢を実現

その背景には、特許を取得(特許番号第4423638号)した安心・安全な吸盤式吹き矢の導入も大きな役割を担っております。

吸盤式吹き矢の開発により、スポーツレクリエーション吹き矢は、従来の刺さるタイプの吹き矢では実現できなかった安心で安全なレクリエーションとして生まれ変わり、自然な呼吸ができれば誰でも参加できる、他に類のないレクリエーションとなりました。これにより、性別はもちろんのこと、幼児から高齢者、健常者から障害者まで、幅広くどなたにでも気軽に楽しんでいただける健康増進法となりました。

スポーツレクリエーション吹き矢の効能概要

そもそも吹き矢は腹式呼吸法を用いており、有酸素運動としての健康増進に効果的ですが、スポーツレクリエーション吹き矢は、それをさらに名の如く、わくわくしながら、適度な緊張感を持って行えるようなレクリエーションとして考案しています。

それにより、いっそう高い健康増進、美容効果、ダイエット効果に加えストレス解消、気分転換、仲間作りによる社会ネットワークの拡大などの効果が期待できるのです。

スポーツレクリエーション吹き矢

吹き矢レクリエーションの効果と効能

一般社団法人日本吹矢レクリエーション協会 元気なセカンドライフ編集長

河西 信祐日本吹矢レクリエーション協会会長 元気なセカンドライフ編集長Twitter:@fukiyarecblog
1945年生まれ。建築関係の職場に18年勤務し、退職後、2000年の福祉用具貸与事業開始と同時に、福祉住環境コーディネーター、福祉用具専門相談員などの資格を取得し、知人の一級建築士と株式会社UCMを設立。これからの長寿社会では高齢者の一人ひとりの健康維持と、生き生きとした生活を送るためのコミュニティが必要だと思い、誰もが参加でき、簡単で楽しく健康効果のあるレクリエーションとして、2004年に日本吹矢レクリエーション協会を設立。現在、北海道から沖縄までサークル、団体などで、多数の吹き矢レクリエーション会員が所属。