高齢者の健康維持と孤独の解消として、気楽に参加でき次の集いが待ち遠しいと思えるようなスポーツレクリエーションが必要である。

参加には腰が痛い、膝が痛い、運動が苦手と思っている人など、誰でも気楽に参加でき、自分のペースで、初心者でも楽しめるゲームなどで
自然にコミュニケーションが取れ、仲間、友達が増えることが、重要で、吹き矢レクリエーションは、高齢者のレクリエーションに適している。

スポーツレクリエーション吹き矢を中心とした地域コミュニティを作ると、楽しい毎日と目標を持つことができ、しかも、健康意識も高まり、
明るい人を地域コミュニティの構築が作りやすくなる。

一般社団法人日本吹矢レクリエーション協会 元気なセカンドライフ編集長

河西 信祐日本吹矢レクリエーション協会会長 元気なセカンドライフ編集長Twitter:@fukiyarecblog
1945年生まれ。建築関係の職場に18年勤務し、退職後、2000年の福祉用具貸与事業開始と同時に、福祉住環境コーディネーター、福祉用具専門相談員などの資格を取得し、知人の一級建築士と株式会社UCMを設立。これからの長寿社会では高齢者の一人ひとりの健康維持と、生き生きとした生活を送るためのコミュニティが必要だと思い、誰もが参加でき、簡単で楽しく健康効果のあるレクリエーションとして、2004年に日本吹矢レクリエーション協会を設立。現在、北海道から沖縄までサークル、団体などで、多数の吹き矢レクリエーション会員が所属。